ラ・ヴィーニュ・デュ・ペロン - La Vigne du Perron - [ サヴォワ地方 ヴィルボワ ]

- 二番通り酒店 -

“ラ・ヴィーニュ・デュ・ペロン”

静けさと力強さと...まるでピアノの旋律のように体に響くワイン

サヴォワ地方、リヨンとジュネーヴの中間くらい、標高300mに位置する素朴で小さなヴィルボワ村にフランソワ・グリナンのドメーヌがあります。村に入って真っ先に目に入る急斜面の美しい岩肌の山。夕暮れの時刻は岩肌がオレンジ色に輝き反射して目を奪われるような美しい町並みです。町中の小道を突き当たりまでいった小さな家にひっそりと住むフランソワ。毎回訪れるたびに扉を開けると小さなピアノの上で楽譜と向き合うフランソワ。元々はピアニストで今は畑仕事をしながら地元の子供達にピアノを教える先生もしています。ドメーヌから山中に入っていくと美しい森に囲まれた彼の美しい畑がありました。広さは2.8haほど。ブドウ畑が見渡す限りに広がるワイン産地と比べると、ブドウ畑よりも森の面積の方が圧倒的に多い場所です。鳥のさえずりと森の香りが心地よいです。ただ急斜面の畑仕事はとても過酷。物静かで優しく紳士的なフランソワですが、長年の畑仕事と向き合ってきた志高い農家の人が持つ逞しさが伝わってきます。1993年にお父さんの畑を引き継いだフランソワ。ピアニストとして限界を感じてワインつくりの世界に戻ってきたそうです。それでもピアノへの愛は消えることなく25年間ピアノの先生とヴィニュロンの二つの仕事を大切にしています。ピアノで世界を旅することはできなかったけど、ワインを通じて世界の人と繫れることが嬉しいとフランソワ。畑を引き継ぐ前にボーヌの醸造学校に通い近代的なつくりを学びましたが、マルセル・ラピエールやピエール・オヴェルノワのワインつくりを見て、昔ながらの垂直プレスで古樽で熟成して...それでシンプルでいて充分に美味しいワインができるんじゃないかと思ったそうです。2019年からは息子のルイもワインつくりを手伝うことに。実はお爺さんの代から続いていてルイで4代目になります。フランソワのつくるワインはどこか静けさや素朴さを感じさせ、その奥に力強く宿る凛々しいミネラルにハッとさせられます。加速するナチュラルワインシーンの中で時に糸の切れた凧のように大切なことを忘れがちになってしまいますが、フランソワに会うたびいつもナチュラルワインとはなんだろう...その深い大切な部分に立ち返らせてもらえます。

[ 戻る ]