エリコン - Helicon - [ ロワール地方 アンジュ ]

- 二番通り酒店 -

“エリコン

アンジュ地方に官能的で力強いミネラルをたたえたワインがまた一つ

ステファン・ベルナドウと同じマルティニェ・ブリナンという小さな村でワインつくりを始めたコンスタンタンと奥さんのラファエル。2018年にドメーヌを立ち上げ2019年が初ミレジム。フェイエ・ダンジュに1ha、マルティニェ・ブリナンに87r、合計してもまだ1.87haだけの小さなドメーヌです。マルティニェ・ブリナンの区画はステファン・ベルナドウと同じレゾングレという区画になります。パリで人材コンサルティングの仕事をしていたコンスタンティンですが、人生を大きく変えたいとワインつくりの仕事に。まだワインだけでは生活が難しい面積の畑である上にここ数年の不作の影響で、パリで今までの仕事をこなしながら、戻ってきて畑仕事をする生活を続けています。2019年の初ミレジムのワインからすでにエネルギッシュで真っ直ぐなミネラルを感じる液体に驚かされました。コンスタンタンは亜硫酸を添加しないワインをつくるより前に、ミネラルがしっかり表現されたワインをつくりたいと言います。それであれば近くステファンがいることは何よりもいいことなのかもしれません。とても頼りにして相談することも多いようですが、訪れるカーヴィストやレストラターにステファンの再来だと言われるのはちょっと勘弁してほしいと笑います。真面目で論理的な性格はどことなくリシャール・ルロワにも通じる部分がありますが、そんな話も少し苦笑い。すでに液体から感じるエネルギッシュなミネラルに私たちを含め周りが先走りすぎてしまうのが分かる気がしますが、自分たちは自分たちのスタイルを見つけて進んで行きたいとコンスタンタン。ヘリコンといドメーヌ名は、シノン生まれの美食家としても有名な作家フランソワ・ラブレーの1552年のLe Tiers Livreの一節からとったそうです。<< Attendez un peu que je hume quelques traits de cette bouteille : c’est mon vrai et seul Helicon : c’est ma fontaine Caballine, c’est mon unique enthousiasme. >> このボトル(ワイン)の香りを嗅ぐまでほんの少し待ってもらえませんか。私の唯一の本当の楽しみ(Helicon)なのです。私にとってのCaballineの泉、他にはない情熱なのです。どこか官能的なニュアンスを秘めたHeliconという言葉に彼らの想いをのせた素晴らしいワインがまた一つ誕生したと感じています。

[ 戻る ]