ル・クロ・デ・フォリー - Le Clos des Folies - [ ロワール地方 ソーミュール ]

- 二番通り酒店 -

“ル・クロ・デ・フォリー”

長年畑仕事にたずさわってきたロミュアルドが自身でつくりはじめた素朴な地酒のようなワイン

フランソワ・サン・ロと同じベリという小さな集落に住み、ワインをつくるロミュアルドと奥さんのステファニー。ロミュアルドはソーミュール地方周辺のドメーヌで20年以上畑仕事に携わってきた経験豊富なベテラン。ロミュアルドの経験や知識にフランソワが敬意を持ち仲良くなりました。ロミュアルドとステファニーもフランソワに出会いナチュラルワインにぐっと引き込まれ、2011年に1haの畑を購入してフランソワの友人のスタンと始めたドメーヌがル・クロ・デ・フォリーです。ロミュアルドが畑仕事全般を、スタンが醸造を担当しました。2013年までは仲間内でワインを消費していましたが、2014年には初めて彼らのワインを販売。2015年には0.5haを増やし、2016年にはさらに1ha、トータルで2.5haを所有しています。スタンは2017年から南仏に畑を探すため、ル・クロ・デ・フォリーを離れることになり、現在はロミュアルドとステファニーの夫婦2人でドメーヌを営んでいます。口数の少ないロミュアルドはやはり畑の人だなと空気感が語りかけます。奥さんのステファニーは優しく穏やかな性格。ロミュアルドの苗字はソヴァージュ”Sauvage”、野生的なという意味の言葉なのですが、ステファニーはロミュアルドらしい苗字だといつも笑って話します。ワインのキュヴェ名やエチケットのイラストはステファニーがロミュアルドをイメージしてデザインをお願いするそうです。2人の仲睦まじい姿が毎回訪問するたびに印象的です。2018年にはお気に入りの古い垂直プレス器とともに同じ集落にある広い地下カーヴへと引っ越しました。フランソワがワインつくりはまずは畑仕事、そういった意味でロミュアルドを尊敬していると言っていました。丹精をこめてロミュアルドが育てたブドウから生まれる素朴な地酒のようなワイン。派手さはないですがじわりと体に染み入ります。

[ 戻る ]