アンドレア・カレク - Andrea Calek -  [ ローヌ地方 アルデッシュ ]

- 二番通り酒店 -

“アンドレア・カレク”

決まったスタイルは持たず、好奇心とチャレンジ精神で毎年が楽しみなアンドレア

チェコ・プラハ出身のアンドレアはどこか中世的な雰囲気。ワインについてクールに語っていると思いきや、陽気にプライベートを語ったりと、会う度に彼への印象が変わっていきます。プロヴァンスのオーヴェットやアルデッシュの巨匠ル・マゼルのジェラール・ウーストリッチの元で学び、2006年にアルデッシュに自身のドメーヌを設立。最初は小さなカーブ、家はなく車での寝起き。しかし今ではアルデッシュでの中でも最も進化した造り手です。決まったワインスタイルを決めず、自身が思うように常に新しい事にチャレンジしていきたいと語るアンドレア。そんな好奇心と年々蓄えられた経験からくる安定感が合わさり年々と研ぎ澄まされた味わいへと進化しています。5haの畑はビオロジック栽培。アルデッシュの中でも一際美しい一枚畑です。畑の上部には2014年に新しく立てた立派な醸造所。いつも冗談ばかりを言うアンドレアですが、畑を買う際も醸造所を造る際も、まわりがあっと驚くほど大きな一歩を踏み出します。現在は醸造所の隣にアルデッシュのワインを気軽に飲みに来れるレストランを建設中。いろんな事に挑戦してはトラブルを引っ張りあて、その壁を毎回スルリの乗り越えるアンドレアへの周りからの信頼も厚いです。「アンドレアはまたトラブルがあるのかい?」と仲間のヴィニュロンに聞くとみんなが「いつものことさ」と笑って答えます。彼の陽気さと大胆さがアルデッシュの巨匠、ジェラール・ウーストリッチやジル・アゾーニなど多くの人に愛されるのがわかる気がします。陽気でフレッシュで人懐っこい赤、ミネラル感にあふれブドウの力がみなぎるギラギラした白。アンドレアの世界観を楽しんでください。

アイテム名 種別 参考上代

A toi nous Ⅱ 2017
ア・トワ・ヌー・ドゥ

品種:グルナッシュ、シラー、メルロー
50%をマセラシオン、50%をプレスディレクトのロゼを合わせてをつくるアンドレアの新しい試みのア・トワ・ヌー。生き生きとした味わいに加えて、心地よいビュバリテ(飲み心地)とエレガンスさ。アクセントにほんのり野性的なニュアンスがあるのがアンドレアらしいです。

2,900

Babiole 2015
バビオル

品種:グルナッシュ60%、シラー40%
アンドレアらしいナチュール感いっぱいのキュヴェ、バビオル。マセラシオン・カルボニック。粘度石灰質土壌。カーヴの目の前に広がる美しい一枚畑から造られる、開放的でいてチャーミング、飲んだら思わず陽気になるワインです。ノンストレス♪

2,980

[ 戻る ]