アンドレア・カレク - Andrea Calek -  [ ローヌ地方 アルデッシュ ]

- 二番通り酒店 -

“アンドレア・カレク”

決まったスタイルは持たず、好奇心とチャレンジ精神で進化し続けるアンドレア

チェコ・プラハ出身のアンドレアはどこか中世的な雰囲気。ワインについてクールに語っていると思いきや、陽気にプライベートを語ったりと、会う度に彼への印象が変わります。プロヴァンスのオーヴェットやアルデッシュの巨匠ル・マゼルのジェラール・ウーストリッチの元で学び、2006年にアルデッシュに自身のドメーヌを設立。最初は小さなカーブで、家はなく車での寝起きしながらのワイン造り。しかし今ではアルデッシュでの中でも最も進化した造り手です。決まったワインスタイルを決めず、自身が思うように常に新しい事にチャレンジしていきたいと語るアンドレア。そんな好奇心と年々蓄えられた経験からくる安定感が合わさり研ぎ澄まされた味わいへと進化しています。5haの畑はビオロジック栽培。ひらけた眺望の美しい一枚畑です。畑の上部には2014年に新しく立てた立派な醸造所。いつも冗談ばかりのアンドレアですが、畑を買う時も醸造所を建てる時も、まわりがあっと驚くほどスケールの大きな一歩を踏み出します。数年前から醸造所の隣に自宅と研修生の泊まれる部屋、そしてアルデッシュのワインを気軽に飲めるようにとレストランも建設中。自宅はやっと完成しましたが、今だに完成しないこのレストランを私たちは"アルデッシュのサグラダファミリア"と呼んでいます。それを聞くたびアンドレアはちょっと歯にかんだ笑顔。いろんな事に挑戦してはトラブルにぶつかり、その度に毎回スルリと乗り越えるアンドレアにとっては、いろんな壁の一つを乗り越えている最中なのでしょう。「アンドレアはまたトラブルがあるのかい?」と仲間のヴィニュロンに聞くと皆が「いつものことさ」と笑って答えます。彼の陽気さと大胆さがアルデッシュの巨匠、ジェラール・ウーストリッチやジル・アゾーニをはじめ多くの人に愛されるのがわかる気がします。陽気で人懐っこい赤ワイン、ミネラル感にあふれるギラギラした白ワイン、アンドレアが併せ持つ二つの世界観がそのままワインにも表れているようです。ジュリアン・クルトワの元で会ったステファナというエネルギッシュで可愛らしい女性がいまはアンドレアの元で働いています。畑仕事に好奇心いっぱいのステファナの仕事を強く縛ることなく、大人の貫禄で見守るアンドレアはやはり見た目だけでなく内面も最高にクールな男性。2018年からは裏張りにStephana et Andrea(ステファナとアンドレア)の記載も入り、造られるワインもミレジムがどうという以上に、昨年以上に今年が美味しい右肩上がりの二人のワイン。二番通り酒店にとっても日々の生活に欠かせない指折りのテーブルワインを造りだしています。

[ 戻る ]