シャトー・プランケット - Chateau Planquette - [ ボルドー地方 メドック ]

- 二番通り酒店 -

“シャトー・プランケット”

ボルドー最奥の地で自分のワイン造りを貫くディディエ。果実味あふれるボルドー。

サンテステフの北、近代的なシャトーに囲まれた場所でビオで葡萄で栽培し、醸造もなるべく手を加えない自然な造りを尊重するディディエ・ミショー。ボルドーでは、貴重な貴重なドメーヌです。ナチュールなワイン造りに対して他のドメーヌからの風当たりが厳しいこの土地で、彼は30年以上、独自のワイン造りの道を歩んできました。彼がこの地に辿り着いたのは1976年。まだほとんどの生産者が馬で耕していた時代です。周囲の人が畑に除草剤を使い始めたのは1981年くらいの事だそうです。突然一人の生産者が使い初めてから、その隣の生産者も使い始め、その後空中からの散布まで行われるようになりました。ボルドーの近代化の流れを間近で見て来たディディエは現在57歳。奥さんと二人の静かな生活を大切に、日々淡々と畑仕事をしています。時に近隣の生産者と熱い議論になることもあるそうですが、彼はワイン造りの信念を変えずに歩んできました。もっと賞賛されてしかるべき彼のワインは、なかなか日の目を見ません。亜硫酸を無添加か、場合に応じて少量に抑えるワイン(瓶詰め時に0.5mgと、極々微量)には、清潔なCave、清潔な醸造が何よりも大切なんだという彼のカーヴは、すみずみまで清潔。2年間かけて樽熟成されるワインにはゆっくり呼吸をして欲しいと、樽と樽の間はゆとりをもって、二段三段と重ねずに、きれいに並べられています。プレスは木製のプレス機で約1時間丁寧に。完全無添加に切り替えたのは2001年。亜硫酸を使ったワインが彼にとって抵抗感のある仕上がりだったからだそうです。2006年はワインが雑菌に汚染され酢酸が微量あがってしまいました。周囲の人は売り物になると言っても、それを良しとしないディディエは結局販売しませんでした。後何年ワイン造りを続けてくれるか分かりませんが、自分の道を貫き、熟練の時を迎えた彼のワインは限りなく贅沢な手造りのワインです。

アイテム名 種別 参考上代

Château Planquette 2016
シャトー・プランケット

品種:カベルネ・ソーヴィニヨン50%、メルロ49%、プティベルド1%
最後まで酸化防止剤は不使用。噛めるような、透き通るようなやわらかい味わいのボルドーです。樽でじっくり2年間熟成された、まろやかで深みのある味わい。もっと多くの人に知ってほしいプランケットのワイン。こんなボルドーが飲める事に感謝です。

3,800

[ 戻る ]