クリストフ・リンデンローブ - Christophe Lindenlaub -  [ アルザス地方 ドルリスハイム ]

- 二番通り酒店 -

“クリストフ・リンデンローブ

畑も人もすべての事象が大きな円を描くように。

リンデンローブ家は、ストラスブールから車で30分ほどのドルリスハイムにて1759年から続く由緒あるドメーヌ。現在の当主、クリストフ・リンデンローブが2009年よりビオロジック栽培に切り替え、2013年にはじめて醸造時の亜硫酸無添加のナチュールなワイン造りを始めました。クンプフ・エ・メイエのジュリアン・アルベルチュとは、クリクリ、ジュリジュリと呼び合うほど仲が良いです。ドメーヌの周辺に計10haほどの畑が点在しています。クリストフは生まれも育ちもアルザスとは思えないくらい、とにかく陽気で明るい人柄。ただ、畑仕事、ワイン造りにおいては、熱い考えを持った真面目でストイックな造り手です。1759年から続く彼のドメーヌは、長い歴史の中で多くの顧客がいて、今まで通りのトラディショナルなワイン造りで充分生活していくこともできるのでしょうが、クリストフはより畑に力を、より美味しいワインを造りたいと、畑をビオに切り替え、醸造においても無濾過で酸化防止剤を使用しないワイン造りを始めました。従来の味わいを求める今までの顧客が離れていくリスクもあり、クリストフの家族も心配はしていますが、クリストフのワインに対する熱くまっすぐな想いを尊重し応援してくれています。それぞれの畑の土壌や品種、周辺環境、日当たりや斜面に応じて、柔軟な考えのもとで畑仕事をし、醸造においても畑の特徴や品種の個性を大切にしています。畑仕事から醸造への流れだけでなく、自分の造りたいワインや、長い歴史を持つ彼のドメーヌのこれからをしっかり考えています。彼の哲学は、すべての事象が大きな一つの円を描くように関連し合っていく自然な流れを大切にすること。そしてナチュールはひとつとして全く同じ味わいがない個性的なものであるという想いを彼のエチケットに描かれた手書きの円に対して込めています。

アイテム名 種別 参考上代

Cremant D'alsace
クレマン・ダルザス

品種:ピノ・ブラン40%、オーセロワ40%、ピノ・グリ20%
粘土石灰質土壌。ステンレスタンク熟成。9月にデゴルジュマン。ドザージュ5g。
ボリューム感あふれるクレマンダルザス。ほんのり熟成感と複雑味をまといバランスのとれた味わいです。

3,200

De L'Autre Cote 2017
ドゥ・ロートル・コテ

品種:オーセロワ
粘土石灰質土壌。ステンレスタンク熟成。控えめで優しい白い花の香りがふわっと。ふくよかで滑らかな口当たり。液体の適度な密度を感じさせつつ、チャーミングな飲み心地のとても良いオーセロワ。ソフトな味わいは多くの人に愛される味わいです。

3,000

Des Raines et des Ailes 2017
デ・ラシーヌ・エ・デザイユ

品種:ピノ・グリ
粘土石灰質土壌。ステンレスタンク熟成。力強い果実味と凝縮感のあるピノ・グリ。ソフトな味わいのクリストフのキュヴェの中で一番果実味がしっかりのったキュヴェになります。飲みごたえと飲み心地の両方を感じられるワインです。

3,400

A pas de Volours 2017
ア・パ・ド・ヴォルール

品種:ピノ・ノワール
粘土石灰質土壌に植えられたピノ・ノワール。マセラシオン8日間の後、ステンレスタンクで7ヶ月熟成。
味わいの奥にブドウの柔らかい旨味が見え隠れします。最後の一杯、最後の一口が染みるピノ・ノワール。

3,400

[ 戻る ]