コンプレモン・テール - Complemen T'erre - [ ロワール地方 ミュスカデ ]

“コンプレモン・テール”

ミュスカデで少しずつ、夢を一歩ずつ形に変えていく若い二人

ミュスカデを代表するドメーヌ、ジョー・ランドロンの息子、マニュエル・ランドロンとそのパートナー、マリオン・ペシューの二人が2013年に立ち上げた若きドメーヌ。マニュエルは、トゥーレーヌやモンルイのドメーヌで働き、ニュージーランドやチリ(ルイ=アントワーヌ・リュイット)などでもワイン造りの勉強をしてきました。偉大なミュスカでのドメーヌでもあるジョー・ランドロンの後を継ぐのではなく、二人で自分たちのワインを造る為に独立しました。現在は7.5haを二人で管理しています。栽培はビオロジック。収量をしっかり抑えて、醸造はシュール・リーでゆっくりと。大切にしているのはテロワールと自然な醸造。100%ナチュールなミュスカデを造る事です。そのために二人は、マロラクティック発酵を亜硫酸で止める従来のミュスカデではなく、自然なままの発酵を大切にして、自然にマロラクティック発酵が起きるのであれば、それを大切にしています。お父さんのジョーとは、また違う道を選んだマニュエルとマリオン。これからが楽しみな若い二人です。

[ 戻る ]