シリル・ファル - Cyril Fhal - [ ルーション地方 ラトゥール・ドゥ・フランス ]

- 二番通り酒店 -

“シリル・ファル

アペラシオンという先入観を超えて生み出されるグランヴァン。

ロワールでワイン造りをしていたシリル・ファルが、南仏のラトゥール・ドゥ・フランスに移り住みワイン造りを始めたのは2002年のこと。ラトゥール・ドゥ・フランスはスペインとの国境に近い町、ペルピニャンの西にある小さな村です。ドメーヌ名は、CLOS DU ROUGE GORGE(クロ・デュ・ルージュ・ゴルジュ)。ルージュ・ゴルジュはのど元の赤い小さな鳥の名前から来ています。シスト土壌からなる5haの畑を丁寧に、自然循環を大切にしながら畑仕事をしています。いくつかに点在する区画は、標高200mから250mに位置しており、古樹のカリニャンやグルナッシュ、サンソー、マカブーなどが植えられています。ラトゥール・ドゥ・フランスという日本では馴染みのない場所でつくられるワインですが、シリルのつくるワインは私たちにとって南仏で出会った指折り数える素晴らしいワインの一つです。シリルは凝縮したタンニンのある、ある意味で南仏らしいワインを造りたいとは思っていません。根が地中深くに張り、限りなくシンプルに、ミネラルを液体にピュアに反映したいと思いワインを造っています。この人と大地とを繋いでくれるピュアな液体を造るためだけに、日々畑仕事をしています。自然循環を大切に根が1cmでも深く地中深くに根を下ろせるように、彼は知識を蓄え、畑と向き合い、経験を積み重ねています。彼は南仏において変人とも呼べる存在かもしれませんが、その誠実な人柄は他の多くの造り手やフランスのカーヴィストからも絶大な信頼を置かれています。多くの素晴らしい生産者がひしめくルスィオン地方にあっても孤高の存在とも呼べる、誇り高い造り手であり、液体もまた唯一無二のものになっていると感じています。南仏のサンサンと照りつける太陽や凝縮したブドウ...といった外的なテロワールすらも削り取られたワイン。地中深くのミネラルのみが美しく、エレガンスに宿ったワインです。サロン( 試飲会)や人と会う時間を惜しんで畑に出て仕事をするペイザン(農家)としての力強い姿が印象的でありつつ、静かな佇まいの中、遠くにできるブドウのさらに先の彼の求める液体をイメージし続ける彼の言葉、在り方に"アーティシャン・ヴィニュロン"とはさもあるものか...心から尊敬の念を抱かずにはいられません。

[ 戻る ]