ディディエ・グラップ - Didier Grappe - [ ジュラ地方 サン・ロテン ]

“ディディエ・グラップ

無骨にしっかりと畑と向き合ってきたディディエ。ブドウの力がしっかり宿ったピュアな液体。

ジュラ地方、アルボワから少し南西にあるサン・ロテンという集落でワイン造りをするディディエ・グラップ。ボーヌでワインの栽培、醸造を学んだ後、2001年にサン・ロテンでワイン造りを始めました。現在、サン・ロテンに4haの畑を所有しています。2007年にビオロジック栽培に切り替え、化学農薬は使用せず、ボルドー液、硫黄のみを使用しています。化学肥料を撒く事もありません。収量も平均で35hl/haと少なく、健全でよく熟したブドウを育てることを大切にしています。醸造においても自然酵母で発酵、補酸や補糖をすることもありません。瓶詰め時は必要に応じて少量のみ亜硫酸を添加していた時期もありましたが、現在は完全に無添加です。ディディエのワインを最初に飲んだのは4、5年前のアンジュで行われるアノニマスというサロン。今回会ったのは久々でしたが、その当時よりも素晴らしく酒質が上がっていて驚きました。少し寡黙で体格がよく、たんたんと農作業をこなすディディエから、ペイザン(農家の人)らしい素朴で優しい空気感を強く感じとれました。少しシャイで不器用な印象のディディエですが、その分ワインと畑と、しっかり向き合ってきたのを心から感じます。今まさに彼の寡黙でまっすぐな畑仕事の結果、ブドウにしっかり力が宿り、彼自身も納得して完全に無添加のピュール・ジュ(ピュアな液体)が造れている気がします。着実に、彼の思い描くワインへと前進しています。

[ 戻る ]