ドメーヌ・ベリュアー - Domaine Belluard -  [ サヴォワ地方 アイズ ]

“ドメーヌ・ベリュアー

グランジェにこだわる男ドミニク。標高450mで生み出されるミネラルたっぷりのワイン。

標高450メートル。スイスとの国境付近、名峰モンブランの麓でワイン造りをしているドミニク。ビオ栽培者が少ないサヴォワで、ビオディナミで栽培しています。気温が氷点下になろうと、雪が降ろうと、畑に出て働く彼。その働きが葡萄に、そしてワインに現れています。彼はグランジェというサヴォワ地方の固有品種にこだわって造っています。もうほとんど栽培されていない品種で、彼がワインを造るアイズ村では、彼以外、この品種を育てていません。グランジェという品種のポテンシャルを強く信じるドミニクは、そのポテンシャルを引き出すため、卵型のコンクリートタンクで熟成しています。この卵形のタンクは、液体がよく空気とふれあってワインにテクスチャーを与えてくれます。さらに2014年からはダイヤモンド型のコンクリートタンクを少しずつ購入。卵形よりも価格の高いタンクですが、こちらの方が繊細な酸、そしてミネラルを表現してくれるそうです。グランジェのポテンシャルを引き出すためなら何でもする、グランジェに取り憑かれたかのようなドミニク。実は1988年からワイン造りをしているドミニクは、先輩を探すのが困難なほど、すでに熟練した造り手。サヴォワのワインの素晴らしさ、グランジェという品種の素晴らしさをぜひ知ってください。

アイテム名 種別 参考上代

Le Feu 2016
ル・フー

品種:グランジェ
サヴォワのテロワールを感じさせてくれる素晴らしいワイン。ボリューム感と広がりのあるミネラルが広がります。
コンクリートタンク熟成。数年熟成する事で驚くべき変化を遂げる、サヴォワの偉大なワインです。

5,880

[ 戻る ]