ドメーヌ・ブランド - Domaine Brand -  [ アルザス地方 エルガースハイム ]

- 二番通り酒店 -

“ドメーヌ・ブランド

アポリネールの詩のように染み渡るワイン造りを。若きフィリップの挑戦。

ストラスブールの西、エルガースハイムに1956年から続くドメーヌです。元々は小麦やタバコなどを栽培、家畜などを育てており、ブドウ畑は15haある土地の中で53アールのみでした。1970年代から少しずつ葡萄畑の面積を広げて行きます。2001年からビオロジック栽培に転換。2006年には現当主のフィリップがドメーヌに戻ってきて、醸造においてもより自然な味わいを求め、酸化防止剤を使わないワイン造りへと少しずつ切り替えていきました。ドメーヌ・ブランドという名前はフィリップとお父さんのシャルルによって2006年に名付けられたドメーヌです。2014年からは、より健全な力強い葡萄を求め、ビオディナミ栽培に。栽培はジュリアン・メイエーからアドバイスを受けています。現在36歳のフィリップが先頭に立ち、よりナチュールなワイン造りへの舵取りを行っている理由はシンプル、美味しいからだそうです。ドメーヌ全体では10haの畑を持っていますが、年々ナチュールの生産量を増やしています。2014年ミレジムからは詩人のギヨーム・アポリネールのカリグラム(活字を絵のように並べる)をエチケットに。フィリップの尊敬するギヨームに対する敬意からエチケットを変更したそうです。ワインは酸化防止剤は使わず、無濾過無清澄。品種の特性と畑のテロワールを大切にしつつ、ギヨームのエチケットのように透明感のあるピュアな味わいは着実にファンを増やしています。

[ 戻る ]