フォンテディクト - Fontedicto - [ ラングドック地方 コー ]

- 二番通り酒店 -

“フォンテディクト

ワインは生き方をも映し出す。どこまでも深い、哲学のワイン。

ラングドックのコーという村のはずれにある小さなドメーヌ。ベルナールと奥さんのセシルが二人三脚で歩んできた、多くのナチュールの造り手から尊敬され、信頼されてる生産者です。元々は子供達のために無添加の葡萄ジュースを造っていました。夫婦ともに趣味はパン造り。天然酵母で造られる彼らのパンは、口コミで広がり近隣の村の人たちがわざわざ買いにくるほど美味しいです。週末は少し離れた街のマルシェでパンを販売していますが、賑やかなマルシェの中心から少し離れた一角で、志を同じくするこだわりを持ったビオの数軒の生産者と小さなマルシェを形成しているのは、いかにも二人らしいなと思います。彼の家のまわりにある3haほどの畑にはパン造りのための小麦なども植えられています。最近はブドウ栽培の面積が減って、パン造りのための小麦の栽培の面積が増えて、少し複雑な気持ちではありますが、彼らのパン造りへの愛情を感じます。ベルナールが畑を案内しはじめると、一緒に猫や犬も彼の後をおいかけてきます。馬で耕すブドウ畑はふかふかのベットのように柔らかく、多種多様な植物がたくさん。フランスで指折り数えるほど美しくオーラのある畑です。彼の家の向かいにあるカーヴはクラシックが流れ、彼らの人柄のようにゆっくりとした時間が流れています。彼は自分が納得する味になるまで、瓶詰めしたワインをカーヴの中にずっと寝かせます。周りの生産者からは、それでは商売にならない、と変人扱いされるほどです。そうして熟成されたワインは、亜硫酸を一切添加しないにも関わらず、驚くほどの果実感、水々しさを残したまま、素晴らしいワインへと変貌を遂げました。ベルナールがこのブドウ畑を購入した時、現在の彼らが住んでいた家は小さな廃屋だったそうです。それを自分達で手作業でリノベーションし、今では立派な二階建ての家になりました。カーヴも自分達で建て、パンの釜も手作業で造り、野菜もほとんど自分たちで育てています。自給自足のレベルが高すぎて目を丸くしてしまうような二人です。そんなベルナールとセシルからは、ワインの素晴らしさだけでなく、人としての生き方の哲学も学びました。寡黙で穏やかなベルナールは誰に対しても寛容、元気で優しい奥さんのセシルは時に厳しさもありますが愛に溢れた女性です。彼らの届けてくれるワインは私たちにとって哲学のワイン。目を閉じてゆっくりと液体を感じたい、深い深い味わいです。

[ 戻る ]