フランソワ・ルーセ・マルタン - Francois Rousset Martin - [ ジュラ地方 シャトー・シャロン ]

- 二番通り酒店 -

“フランソワ・ルーセ・マルタン

偉大な大地シャトー・シャロンのテロワールを伝える貴重な造り手

ジュラ地方、偉大なテロワールを持つ大地、シャトー・シャロン。なだらかな美しい丘にブドウ畑が広がり、丘の上には小さな集落が美しい佇まいを見せるシャトー・シャロンの丘。お昼には丘の上の集落にある教会から美しい鐘の音が響き、その美しさから「天空の城」とも呼ばれる場所でもあります。ジュラ地方の伝統的なワイン"ヴァンジョーヌ"のように7年以上、樽で酸化熟成したワインをこのシャトー・シャロンで造るとアペラシオン"シャトー・シャロン"を名乗ることができます。エネルギッシュで力強い液体ですが、余韻が非常に繊細で驚くほどのミネラルに溢れるのは、このシャトー・シャロンが持つテロワールです。甘口ワインのシャトー・イケムがワインの女王ならば、シャトー・シャロンはワインの王様と呼ばれる所以でもあり、世界のワイン愛好家にその名を轟かせる場所です。5つの村にまたがるシャトー・シャロンの小さな村の一つ、ヌヴィー・シュル・セイユにフランソワ・ルーセ・マルタンのドメーヌがあります。彼のドメーヌは11haを持っていますが、代々地元の協同組合にブドウを販売していました。フランソワの代になり、年々販売する量を減らし、フランソワ自身が自分のドメーヌのワイン造りをするようになりました。現在は4.5haを自分のワインとしてリリースしています。畑はビオロジック栽培に切り替え、醸造においてもより自然に、野生酵母で発酵、酸化防止剤はほぼ使わず、必要があれば瓶詰めの時にごく少量使用するくらいです。フランソワは、このシャトー・シャロンという大地が偉大なテロワールを持ちつつも、そのテロワールと名声に甘んじて、多くの生産者が真剣にワイン造りに向き合っていないことを憂い、自身の持つ畑で真剣にワイン造りに取り組み始めました。現在50haあるシャトー・シャロンの畑は、その昔ブルゴーニュと同じように、畑が区画ごとに分けられていたそうです。それほど区画によって多様性があったにも関わらず、今ではシャトー・シャロンとして一つにまとめられてしまっていることも残念に思い、古いシャトー・シャロンの文献や地図と向き合いながら、区画ごとにワイン造りを始めた貴重な造り手でもあります。ヴィーニュ・オー・ダム、スー・ロッシュ、クロ・バキュスなど、彼のワインにはシャトー・シャロンの区画名が書かれています。彼の試みは、いま多くの人の共感を呼び、多くの造り手やプロフェッショナルが大きな関心を示しています。偉大なシャトー・シャロンという大地、そのミネラルをしっかり液体に宿し、私たちに届けてくれる貴重な造り手が現れました。彼はこれからシャトー・シャロンのさらに深いテロワールを追求してくれるはずです。ひんやり湿った彼のカーヴにはひいお爺さんの代から眠る至極のシャトー・シャロンが眠っています。微生物学の教師だったフランソワの父も0.5ha分のシャトー・シャロンを毎年造り寝かせていました。幼い頃からシャトー・シャロンにの深い世界観に触れてきたフランソワはまるでシャトー・シャロンの申し子のような存在。彼が届けてくれるシャトー・シャロンのディープでミネラルいっぱいの魅力にぜひ触れてみてください。

[ 戻る ]