フランソワ・サン・ロ - Francois Saint-lo - [ ロワール地方 ソーミュール ]

- 二番通り酒店 -

“フランソワ・サン・ロ”

フランスのナチュールワインを引っ張っていく、大きな力と仲間を持つフランソワ

フランソワはヒッピー風の髪型に服装(最近ドレッドヘアーをやめました)。集まる仲間達もみんな同じ雰囲気です。フランソワを訪問するたびいつも仲間がたくさん集まってきて、いつの間にか陽気で楽しい宴になります。ソーミュールとアンジュの中間くらいにあるベリという小さな集落で、2012年からワイン造りを始めました。18世紀から続く20年以上使用されていなかった地下カーヴでワイン造りをしていましたが、2016年にそこからもう少し先にある、絵本に出てきそうな大きな洞窟の地下カーヴに引っ越しました。この地下カーヴを訪れた人たち皆が感嘆するほど美しいカーヴです。フランソワはその上の家を改築し、妹のジャスティンが住んでいます。妹のジャスティン・サン・ロはイラストレーターで、フランソワのエチケット、そしてワイン造りの深い世界を描きフランスでいま人気の本「Pur Jus」(著:fleur godart)のイラストも描いています。「今では自分よりも有名になってしまった」とフランソワが照れ笑いするほど名の知れたイラストレーターになりました。フランソワが大きく感銘を受けた造り手はオリヴィエ・クザン。オリヴィエの息子のバティストとも親友です。ワイン造りはもちろんですが、何よりもオリヴィエの自由で何にもとらわれない力強い生き方の哲学が大きくフランソワに影響を与えています。彼のいるベリ周辺は昔ながらの生産者が多く、近くのアンジュ地方に比べて畑を手に入れるのが難しいのが現実ですが、2015年にシュナン・ブランの畑を得るなど、着実に自分の畑を増やし前進しています。彼の造る自由でピュアな味わいは、フランスだけでなく世界的にすでに名が知れ渡りました。私たちがお店を始めた2012年から同じタイミングでスタートし、一緒に歩んでいこうと話して付き合いが始まりましたが、フランソワの方があっという間に有名になってしまいました。ただどんなに有名になってもフランソワの生き方は変わらず、自由で伸び伸びと。ワイン造りにかける情熱はとても熱く、2017年は新樽や新フードルも買い足し、彼の造りたいワイン、見据える将来に向かって真っ直ぐな瞳で進んでいます。そして彼のカーヴの一番高い壁の上には、ドクロマークがかかげられています。陽気で自由な生き方とワイン造り、そしてジャンルを問わず周りに集まる仲間たち・・・まるで海賊のような哲学を持つフランソワの在り方が多くの人を魅了してやまないのだと思います。

[ 戻る ]