グラン・パー・グラン - Grain par Grain -  [ サヴォワ地方 ビュジェ ]

- 二番通り酒店 -

“グラン・パー・グラン

ブドウ一粒一粒のように、少しずつ少しずつ夢を形に

Grain par grain(一粒一粒)。フランス語で私たちもよく使うPetit à petit(少しずつ少しずつ)と同じように、一つ一つのステップを大切に歩んでいく想いをドメーヌ名に込めたそうです。キャロリーヌ・ルデロンテはスッと背が高くて明るいきれいな女性です。グレゴワール・ペロンと同じくサヴォワ地方のビュジェでワイン造りを始めました。ワイン造りの道に進むことを決めてから、グレゴワールの元でワイン造りを学び、フランス中の多くのナチュラルワインの生産者を訪問し、小さいながらも畑を見つけ、それだけでは生産量が少なすぎるのでネゴスでブドウを探し、醸造スペースを探し、プレス機を探し、タンクや樽を探し...。キャロリーヌが一つ一つのステップの中にある物語を教えてくれました。決して簡単な道のりではなかったけれども一つ一つの積み重ね、出会った人の助けがあって2018年に彼女の初ミレジムがリリースされました。その想いがあってのGrain par grain。素敵なドメーヌ名だなって思いました。2018年はジュヴランという村に28Rの畑を購入し、自身のドメーヌワインとして1キュヴェをリリースしましたが、2019年には2haの畑を手に入れました。間借りしていた小さな小さなカーヴも2019年にはもう少し大きなカーヴに。やはり少しずつ少しずつしっかり前進しています。キャロリーヌはこのビュジェという場所の自然豊かな環境や植えられた品種、つくられるワインに惹かれ恋しているようです。そんな彼女はJ'adore BugeyのTシャツをよく着ています。グレゴワール・ペロンやフランソワ・グリナン、ジャン・イヴ・ペロンのつくるワインが好きだそうです。特にオレンジワインをつくる時にはジャン・イヴに相談することも多いそう。いつもハツラツとしていて楽しそうなキャロリーヌには私たちもエネルギーをいっぱいもらいます。彼女のつくるワインはとってもピュアでナチュラル。ナチュラルなワインが好きなキャロリーヌの素直な想いが液体を通しても伝わってきて明るい気持ちになれるワインです。

[ 戻る ]