グレゴワール・ペロン - Gregoire Perron - [ サヴォワ地方 ビュジェイ ]

“グレゴワール・ペロン

静かな山間の小さな村で夢を持ってワイン造りに励むグレゴワール

グレゴワールが住んでいるジュールナンという小さな村は、サヴォワ地方の西側にあたり、北はジュラ地方にも近く、時にジュラ地方の生産者として紹介されたりもします。ビュジェイというサヴォワのアペラシオンに2haの畑を持っています。ビュジェイは小さな山々の中に小さな畑が点在していて、グレゴワールの畑も山々の中に点在しています。彼は2010年にこの場所でワイン造りを始めましたが、2haの小さな区画で冷涼な土地柄、収量も多くなく、買ブドウでもワインを造っています。彼の手に入れた畑は元々は農薬を撒いていましたが、彼が手に入れてからは、有機栽培に切り替えて、今では草花が生き生きと。冬の間は羊を畑に放すことでより自然の調和のとれた畑へと変わりました。隣のワイナリーを見つけるのが大変なほど、ワイナリーとしては他からかけ離れた田舎でワインを造るグレゴワール。みんなと少し離れて静かな生活の方が彼には合っているのだそうです。少しシャイな印象のグレゴワールらしいなと思いました。マイペースで淡々と、彼の思う美味しいワインを造り続けています。彼の造るこの地方は、畑を探すのが困難ですし、見つけたとしてもとても離れていたり、寒さがゆえの畑仕事の大変さや収量の低さなど、いろんな壁がありますが、とても軽やかでいて酸が非常にきれいな味わいが生み出されます。他の土地では出せない、この豊かな個性を感じます。

[ 戻る ]