ギィラルデル - Guirardel - [ 南西地方 カス=ド=ペヌ ]

“ギィラルデル

美しいジュランソンの一枚畑の気候、土地、新しい世代の情熱が詰まった黄金色の液体。

南西地方、ジュランソンの山奥に隠れるようにしてあるなだらかな斜面の畑。遠くにピレネー山脈を見渡す美しい一枚畑はハッと目を奪われるような美しい畑です。この一枚畑は16世紀にまで遡る歴史を持つドメーヌ・ギィラルデルの一枚畑。現在の当主であるフランソワは15代目の女性当主です。もともと15年間エンジニアの仕事をしていましたが2008年からドメーヌに戻り、夫のピエールとドメーヌを引き継ぎました。夫のピエールも元同僚でエンジニア。二人とも日本の電子企業のことを面白いくらいよく知っています。元エンジニアの彼らは工業製品の在り方に対しての疑問もありつつ、その良い部分を取り入れて、彼らならではの目線で自然体なワイン造りに取り組んでいます。地質や醸造においてもさすが元エンジニアと思うほどたくさんの知識をすでに身につけ、それとは対極にある自然と向き合う上で大切な哲学もしっかり持っているのを感じました。一つのことをとことん突き詰める二人の性格を感じます。有機栽培に切り替えたのはフランソワとピエールが戻ってきてからのこと。ここジュランソンに植えられている品種は、プティ・マンサンとグロ・マンサン。南のピレネー山脈、西の大西洋から大きく影響を受けるこの地は、雨が非常に多く、常に雨との戦いです。水分を多く吸収しよく熟すこの地のブドウで辛口のワインを造るのも大変で、畑仕事、剪定、収穫にいたるまで非常にデリケートな仕事が要求されます。そしてこの大地が作り出す力強い味わいに、まろやかさと複雑味を与えるため、彼らのワインは常に数年熟成してから出荷されます。2008年からこの難しい大地に真摯に向き合い、毎年着実に酒質をあげてきた二人の造る美しい黄金色のワインは、ぎゅっと凝縮したジュランソンならではのダイナミックで活き活きした果実のニュアンスが液体の中にほとばしっています。

アイテム名 種別 参考上代

Le Sec 2014
ル・セック

品種:グロ・マンサン60%、プティ・マンサン40%
このジュランソンという場所で人工酵母に頼らずナチュールのセックは非常に難しく、樽発酵中に一番元気な樽から酵母を抽出して他の樽に分け与えることすらあるそうです。そんな努力の元でつくられるナチュール・ジュランソン・セック。ぜひ試してみてください。

4,600

[ 戻る ]