ジョセフ・ジェフリー - Josephe Jefferies - [ ラングドック地方 コー ]

- 二番通り酒店 -

“ジョセフ・ジェフリー”

真面目で真っすぐなイギリス人が造りはじめたヴァンナチュール。

ラングドック地方コーという村でワイン造りを始めたイギリス人のジョセフ・ジェフリー。いつも控えめで真面目な人柄です。彼の父親の持ち家を片付ける手伝いのために南仏にやってきたましたが、今の奥さんに出会い、そのままフランスに残ることを決意。近くでワイン造りをするドメーヌ・フォンテディクトやジュリアン・ペイラス、レミ・プジョールたちと出会い、ワインに感動し、彼らと親交を深めながら自身でもワイン造りを始めました。ジョセフは彼が住むコーという村の周辺に現在2.8haを持っています。2013年にはグルナッシュ・ノワールやグルナッシュ・グリ、サンソーなどを1.5ha植えました。畑はビオロジック栽培。真面目なジョセフは、その土地の土壌や気候、歴史を深く掘り下げ、語りだすと止まりません。火山性土壌の彼の畑の土壌がどのように生み出せれたのか、その上でどういった性質があり、畑仕事をどうしていくのか、日々周りの生産者とディスカッションしながら研究と畑仕事に励んでいます。醸造においては野生酵母で発酵、無濾過、無清澄。2014年からは全て亜硫酸を使わなくなりました。きれいで繊細な果実味があり、ジョセフらしい優しいミネラルがそっとワインを支えてくれています。まわりからは冗談で、ワイン造りが世界一上手なイギリス人だとからかわれたりもしますが、誠実な人柄はまわりからも愛されています。

アイテム名 種別 参考上代

La Cabane de Jeanne 2016
ラ・カバンヌ・ド・ジャンヌ

品種:グルナッシュ・ブラン30%、マルサンヌ30%、テレ・ブラン、グリ30%、グルナッシュ・グリ10%
テレ、マルサンヌ、グルナッシュ・グリは砂利や花崗岩の多い火山土壌。グルナッシュ・ブランは花崗岩が主体の土壌。マルサンヌを全房で9日間マセラシオン。その他はすべてプレスディレクト。11ヶ月間タンク熟成。白い花束の香りとふくよかな果実味がいっぱいの完成度の高いワインに仕上がりました。


オレンジ
3,800

Jus de Caillou 2016
ジュ・ド・カイユ

品種:カリニャン45%、グルナッシュ45%、サンソー10%
全房で3〜5週間マセラシオン。11ヶ月間タンク熟成。カリニャン、サンソーは砂利や花崗岩の多い火山土壌。グルナッシュは花崗岩が主体の土壌。素直な果実味と滑らかな口当たりはジョセフが追い求める火山土壌由来の味わいだと思います。すでに香りが開いていて、広がりのある液体と厚みのあるタンニンでこちらもまた素晴らしいワインに仕上がっています。

3,400

[ 戻る ]