ジュリアン・クルトワ - Julien Courtois -  [ ロワール地方 トゥーレーヌ ]

- 二番通り酒店 -

“ジュリアン・クルトワ

畑に舞い降りた葡萄の神様。唯一無二の味わい。

とあるワイン生産者が、ジュリアンの元を訪問した時、彼は畑におりてきた葡萄の神様のようだ、と言いました。私たちにとってもまさにその通りです。大地のミネラル、地中の味を感じているような味わい、それでいてエレガンスなジュリアンのワイン。ジュリアンのワイン造りは1998年から。美しいエチケットは、彼の奥さんのエイディが描いたものです。エイディはニュージーランドの先住民マオリ族の出身。どことなく神秘的な雰囲気がありつつ、話すととても明るくてピュアな優しい女性です。人生の、そしてワイン造りのパートナーとしてジュリアンを支えています。二人の仕事は、どこまでも繊細で丁寧。葡萄の収穫もエイディと二人だけで行われます。全ての葡萄に二人の目が行き届いているのでは、と思うほどです。二人は現在4.5haの畑を持っています。ガメイ・ショードネやフラン・ド・ピエなど、同じガメイでも若干異なる葡萄や、ロモランタン、ムニュ・ピノ、ガスコンなどを栽培しています。二人が造るワインは、常に素晴らしい凝縮感に溢れています。味蕾全体を刺激する葡萄のエネルギーをぜひ体験してみてください。ジュリアンは、ロワールの自然派ワインの巨匠、クロード・クルトワの息子。不思議なオーラがあり、話しているだけで吸い込まれそうな魅力あふれる男性。フランス各地で行われる試飲会にもほとんど参加することなく、エイディと娘さんとの静かな暮らしを大切にしています。彼らと一緒に歩んで行ける事は、私たちにとって大きな幸せです。

[ 戻る ]