ジュリアン・ギィヨ - Julien Guillot - [ マコン地方 クリュジーユ ]

- 二番通り酒店 -

“ジュリアン・ギィヨ

ナチュール + テロワール + ヒストリー + 情熱 ・・・ワインが楽しくなる造り手です。

ブルゴーニュ地方マコンの熱い男ジュリアン・ギィヨです。ジュリアンの持つ畑、Clos des Vignes du Maynes(クロ・デ・ヴィーニュ・デュ・メイヌ)は、クリュニー修道院が910年に切り開いた畑。ブルゴーニュの中でも一際長い歴史を持つドメーヌです。1954年、ジュリアンの祖父、ピエールが当時2haあったクロ・デ・ヴィーニュ・デュ・メイヌの一枚畑を購入しました。ピエール・ギィヨは、ビオロジックでの栽培をフランスではじめて行った人物。そして1998年からビオディナミに転換。ジュリアンは3代目です。クロ・デ・ヴィーニュ・デュ・メイヌの畑は、910年以降、一切の化学肥料が撒かれることなく、今日の今日まで育てられて来たのです。葡萄は、真っすぐ地中奥深くまで根を張り、素晴らしいミネラルを吸収しています。3代目のジュリアンは、歴史と肩書きにとらわれる事なく、自由なスタイルで素晴らしいワインを造っています。湧き出るたくさんのアイデアで、まるでワイン造りを楽しんでいるかのようです。実はクロ・デ・ヴィーニュ・デュ・メイヌの畑があるゆるやかな丘の最上部には、その昔、葡萄の木が植えられていたのですが、80年代後半にフランス全土を襲ったフィロキセラと言う病気で被害にあい、それ以降、森に埋もれてしまっていました。ジュリアンは、この森を切り開き、葡萄を植え、クロ・デ・ヴィーニュ・デュ・メイヌの最高の区画ともいうべき畑をもう一度、復活させようとしています。森を切り開き、葡萄を植え、収穫できるまで10年という歳月がかかります。そんな途方もない作業をジュリアンは笑顔でやってのけます。醸造所も自分のアイデアで改造し、各地の最高の造り手を訪問し、日々研鑽を積んでいます。彼のエネルギーはどこから出てくるのか!?驚くほどです。元々2haあった畑を中心に、現在は7haの一枚畑を持っています。この一枚畑を土壌や樹齢、品種ごとに区画化し、それぞれの特徴をしっかり把握しています。醸造においてはテロワールを大切に、自然な醸造を心がけています。先代からずっと培ってきた自然派ワイン造りのノウハウを持っています。歴史と経験とジュリアンの挑戦心。心から素晴らしい造り手です。

アイテム名 種別 参考上代

Macon Village 2017 [ NEW ]
マコン・ヴィラージュ

品種:シャルドネ
ヴィレクレッセ村のシャルドネを主体にモンベレ村に植えられた古樹のシャルドネ、ブルゴーニュ・ルージュと同じレ・クレという区画に植えられたシャルドネ。3区画のシャルドネでつくられます。ミルキーで繊細なミネラル感、繊細な酸が食欲をそそります。ヴィレクレッセのボリューム感、レ・クレのきれいな酸を備えたバランスの良い白ワインです。

3,700

Macon Rouge Cuvée 910 2018 [ NEW ]
マコン・ルージュ キュヴェ 910

品種:ピノ・ノワール30%、ガメイ40%、シャルドネ30%
クリュニー修道院の時代のワインを現代に。11世紀前、ジュリアンの畑がまだ修道院が所有していた時代、彼らはピノ・ノワール、ガメイ、シャルドネを混醸してワイン造りをしていました。その当時の造りを2009年にジュリアンが再現。そのワインの美味しさがあっという間に広まり、いまではまたたく間に完売してしまうワインになりました。その年によって品種の収量が違い、毎年同じ味にならないワインですが、その分その年の特徴が詰まったワインでもあります。2018年もまた薄い色調に中性的でいて妖艶な味わい。910の世界観を存分に感じることができる液体に仕上がっています。


(混醸)
6,000

MG12,400

Piquette 2015
ピケット

品種:マール・ド・ピノ・ノワール、ガメイ、シャルドネ
当時収穫者が飲むために作られた軽快なピケットと呼ばれる飲み物を再現。ガメイ、ピノを絞った後のマール(絞りかす)に糖水を加え再度プレスして6ヶ月発酵。収穫者がガブッと飲めるように作られた軽快で不思議な液体。

ロゼ 3,080

Chenas "Ultimatum climat" 2016
シェナ "ウルティマチュム・クリマ"

品種:ガメイ
ボジョレーの北、シェナ村のガメイで造られるウルティマテュム・クリマは、2009年にコペンハーゲンで行われた地球温暖化問題に対する会議をきっかけに生まれた名前。粘土質に砂を含む土壌。シェナ村の中でも比較的標高が高く後味に冷涼感がでる区画でジュリアンが気に入っている畑です。フレッシュな果実味いっぱいのガメイ。

3,800
アイテム名 種別 参考上代

Bourgogne Rouge Cuvée Auguste 2014
ブルゴーニュ・ルージュ キュヴェ・オーギュスト

品種:ピノ・ノワール
彼の持つ一枚畑のピノ・ノワールの中でも樹齢の高いブドウのみを選抜して作られるトップキュヴェ。ブルゴーニュのグランクリュに多く植えられているピノ・ファンという小粒のピノで造られます。今ではブルゴーニュでも1割ほどしか植えられていないそうです。熟成とともにだんだんとオレンジかかった色に変化するこの品種は、妖艶でいてエレガンス。優しい液体の奥にブドウのポテンシャルを感じさせてくれます。

6,180

Macon Cruzille Cuvée Manganite 2017 [ NEW ]
マコン・クリュジーユ キュヴェ・マンガニット

品種:ガメイ
ジュリアンが作る超ど級のガメイ。彼のドメーヌの看板ワインでもあり、フランスでも高い評価を得ているキュヴェです。光沢のある石灰質のクリスタル、黒マンガンを含む土壌に植えられたガメイ。5〜50cmほどの粘土質の下はすべて石灰質になります。1953年に植えられたブドウが主体。液体の奥に秘めたミネラルが、年を経るごとにワインが呼吸するかのような活き活きとした熟成を遂げます!

6,000

MG12,400

キュヴェ・レアンドル - Cuveé Léandre -

ジュリアンにはオーギュストとレアンドルという二人の息子がいます。ジュリアンのフラッグシップワインの一つであるピノ・ファンでつくるワインは、長男の名前をとってキュヴェ・オーギュストと名付けられました。次男のレアンドルも少しずつ成長する中で「僕の名前のキュヴェはないの?」という素朴な疑問から生まれたのがキュヴェ・レアンドルです。本来市場に出回らないはずのワイン、ジュリアンが探究心や好奇心でずっとカーヴで寝かせていたワインなどがキュヴェ・レアンドルになるそうです。ライオンのイラストはレアンドルのニックネームLION(ライオン)から。フリースタイルな発想で生まれたキュヴェばかり。どれも生産量は非常に少ないですが、遊び心あふれるワインたちばかりです。

アイテム名 種別 参考上代

Léandre Saint Veran 2013
レアンドル サン・ヴェラン

品種:シャルドネ
こちらも5年間じっくりと樽熟成されていたサン・ヴェラン。これもまたノンフィルター、酸化防止剤なしで瓶詰。サン・ヴェランのキリッとしたミネラルと完熟したブドウのボリューム感の合わさった飲みごたえのあるワイン。

7,800

Léandre Mâcon Rouge 2012
レアンドル マコン・ルージュ

品種:ガメイ
12ヶ月間かけて長期マセラシオンの後、3年間ゆっくりと樽で熟成したマコン・ルージュ。酸化防止剤なし、ノンフィルターで瓶詰。濃縮感、重厚感が液体の中にしっかり溶け込んで熟成した複雑味とともに表現力豊かなワインに仕上がっています。

6,400

[ 戻る ]