ジュリアン・メルル - Julien Merle - [ ボジョレー地方 レニー ]

“ジュリアン・メルル

テクニックではなく、日々の畑仕事に力を注ぐ若き青年のボジョレー。

ボジョレー地方の最南端に位置するレニー。そのすぐ南はローヌ地方に切り替わる場所で、リヨンまで車で40分ほどの場所です。2003年から8haの畑を持つドメーヌを引き継いだジュリアンはまだ若い青年。お父さんの代までは造ったワインをネゴシアンに販売していましたが、ジュリアンの代になり野生酵母で発酵させるワイン造りに切り替えてからというもの、ネゴシアンがワインを買わなくなったそうです。そんな中でボジョレーの多くのナチュールの造り手と出会い、励ましを受け、学ばせてもらう中で、よりナチュールな造りへと転換していきました。彼が大きく感銘を受けたのがクリスチャン・デュクリュやミシェル・ギニエ。派手さのない、長年の経験がにじみ出る気骨溢れるベテラン二人の丁寧で端正な畑仕事に大きな影響を受けました。その結果、自然を尊重する畑仕事はもちろん、なるべく畑に機械を入れないようにと、ベテラン二人に学びつつ馬で畑を耕しています。美味しいワインは美味しいブドウから。私たちにとって、同じくボジョレーのエルヴェ・ラヴェラ同様に、よりきつい畑仕事にしっかり向き合う誠実な青年だと感じています。エルヴェに比べてもう少し若者のノリの残るジュリアンは、エチケットに「Lubrifiant Social」と書いています。意味は「社会の潤滑油」。ボトルを開けてみんなで談笑して楽しい時間を過ごせるワインは、社会のそして人生の潤滑油のような役割を果たしているからだそうです。少しお茶目なところがあるジュリアンですが、ヴィニュロンとして畑仕事に熱いこだわりと情熱を注げる、誠実で真面目な青年です。カーヴの扉には「Le vin,de la poesie en bouteille」「ワイン、それはボトルの中の詩」と書かれたサイン。年々ワインに彼の愛情とエネルギーが宿っていくに違いありません。

アイテム名 種別 参考上代

Champ Blanc 2016
シャン・ブラン

品種:ガメイ
ワインは社会のそして人生の潤滑油だというジュリアンが、みんなに楽しく気軽に飲んで欲しいという気持ちを込めてつくるキュヴェ。樹脂タンク熟成。ヴィオレットやプルーンのようなフルーティさがボトルの中にいっぱい閉じ込められています。潤滑油をぜひ試してみてください。

2,900

[ 戻る ]