ル・カゾ・デ・マイヨール - Le casot des Mailloles -  [ ルスィオン地方 バニュルス ]

- 二番通り酒店 -

“ル・カゾ・デ・マイヨール

若き青年ジョルディによって始まるル・カゾ・デ・マイヨールの新しい物語。

スペインとの国境付近、フランス最果ての地、バニュルス。目下に望む海の絶景とは裏腹に、働くのには過酷すぎる急斜面でのワイン造り。強い海風の中、こんな所に葡萄畑があるのかと驚かされます。偉大な造り手アラン・カステックスとパートナーのジスレーヌが1994年から続けてきたドメーヌ"ル・カゾ・デ・マイヨール"が、2015年よりジョルディ・ペレスという青年に引き継がれました。少量生産ながらも知るひとぞ知る、圧倒的なワインを造り続けてきたアランとジスレーヌ。彼らの長年にわたる真摯な畑仕事とこの土地が持っている偉大なテロワールが合わさり、生産量が少ないながらも幸運にもその液体に触れた人たちを虜にしてきました。もちろん私たちもそうです。ジョルディは30歳半ばのまだ若き青年。2010年にボルドーのシャトー・ベル・シュバル、2013年には南仏のワイン産地Fitouのドメーヌで働いていました。クラシカルなワイン造りも学びつつ、その中で幸運にも引き継ぐことになったル・カゾ・デ・マイヨールの3.7haの畑とカーヴ。初ミレジムの2015年は、アランに畑仕事や醸造をすべて見せてもらいアランの哲学を学びました。そして引き継いだ後もアランの哲学を大切にナチュラルなワイン造りを継続しています。シスト土壌で足下もおぼつかず、トラクターも入れない急斜面の畑仕事は全て過酷な手作業。しかしラグビーをしていた屈強な体格のジョルディにはその体力を発揮するには最適な環境とも思えます。2016年からはアランは時折アドバイスをしてくれますが、ジョルディ一人でワインを造り。アランは「ジョルディのワインは自分がつくるよりも繊細で美味しいよ」と笑顔で話してくれます。二人は共通の趣味であるラグビーの試合を一緒に観戦に行ったりするなどとても良い関係。素晴らしい青年に引き継がれた偉大なテロワール。ル・カゾ・デ・マイヨールの第二章の始まりです。

[ 戻る ]