ル・クロ・デ・フォリー - Le Clos des Folies - [ ロワール地方 ソーミュール ]

- 二番通り酒店 -

“ル・クロ・デ・フォリー”

ソーミュール地方でひしひしと芽吹き始めた、新たなナチュールの波

フランソワ・サン・ロの陽気な親友、畑仕事の経験豊富なロミュとまだ30歳前の若きスタンのコンビが2011年から始めたドメーヌ、ル・クロ・デ・フォリー。若き造り手が次から次へと現れるアンジュ地方からそれほど離れていないにもかかわらず、彼らがワイン造りをするソーミュールは、畑を買いたくてもなかなか見つからず、価格も高いので、新しいナチュールの造り手が増えないのが現状です。そんな中で必死に、そして楽しく、切磋琢磨しながらこの地域のナチュールを盛り上げるのが彼ら。フランソワを中心にして陽気で不思議なコミュニティができています。ロミュとスタンは、2011年に1haの畑を購入して、ル・クロ・デ・フォリーを始めました。2013年までは仲間内でワインを消費していましたが、2014年には初めて彼らのワインを販売。2015年には0.5haを増やし、2016年にはさらに1ha、現在トータルで2.5haを所有しています。ロミュはソーミュール地方周辺のドメーヌで20年以上畑仕事に携わってきた経験豊富なベテラン。少し無口でシャイなところがありますが、誠実な人柄は周囲の若い仲間達から熱い信頼を得ています。スタンはまだ若い青年。ドレッドヘアーはフランソワと通じるヒッピースタイル。ロミュに畑仕事を教わりながらワイン造りに情熱を燃やしていましたが、今年2017年から南仏に畑を探すため、ル・クロ・デ・フォリーを離れることになりました。コンビは解消されますが、ル・クロ・デ・フォリーの名前は残り、ロミュと奥さんのステファニーが継続していきます。彼らのワインはフランスではまだまったくの無名で一部の酒屋さんのみで少しだけ販売されています。

[ 戻る ]