ル・ソ・ド・ランジュ - Le Sot de L'ange -  [ ロワール地方 アゼ・ル・リドー ]

- 二番通り酒店 -

“ル・ソ・ド・ランジュ

常に楽しく前向きに。ナチュールをより身近に感じてほしいカンタンならではのワイン造り。

トゥレーヌ地方の西側、アゼ・ル・リドーで2013年からワイン造りを始めたカンタン・ブルス。ヴヴレイを代表する造り手、ドメーヌ・ユエで研修をした後、有機栽培の少ないアゼ・ル・リドーで、幸運にもビオディナミで栽培されていたブドウ畑12haを友人から引き継ぎました。彼の醸造所の周りをぐるっと囲むように畑があり、どの区画も周りが広い平原に囲まれた開放感溢れる畑です。陽気で常に明るいカンタンのがつくりたいワインは、キャッチーで誰からも愛される、グイグイ飲めるワイン。彼の陽気さがエチケットにも表れています。それでいて白ワインは、彼が尊敬する造り手であり、私たちも大好きなサヴォワのドメーヌ・ベリュアールのように、辛口でありながら、奥にぐっとボリューム感のあるミネラルを感じさせるワインを目指しています。セック・サンボルは最初に飲んだ時、まさにプティ・ベリュアールといった感じ。ベリュアールのドミニクが愛用している卵形ベトンや菱形ベトン、アンフォラを取り入れたりと、常に探究心に溢れています。友人から畑を譲り受けて、ワイン造りをはじめてからまだ5年目。たくさんの事に挑戦中のカンタン。ちなみに彼はアイスホッケーの大ファン。

[ 戻る ]