ルス・グレゼス - Lous Grezes - [ ローヌ地方 リボート・レ・タベルヌ ]

- 二番通り酒店 -

“ルス・グレゼス”

よりナチュールなワインを求めて。リュックとトレーズの挑戦。

ベルギーで運動療法士をして多忙な日々を送っていたリュック。ワイン好きがこうじて奥さんのトレーズと一緒にフランスでワイン造りの世界に足を踏み入れたのは2002年のことです。ニームの少し北、ラングドック地方とローヌ地方の境にあるリボート・レ・タベルヌという村で夫婦二人でワイン造りをはじめました。彼らの家の周辺の村に点在する畑は合わせて14ha。もっとも多くの畑があるドムサルグ村の小高い丘は標高135mにあり石灰質を多く含む土壌です。サンサンと降り注ぐ太陽の元、多くのオリーブ畑も見られます。彼らはSAINSという完全無添加を表明する団体に加入し、エチケットにもそのマークが記載されています。栽培は今は現役を退いてしまった自然派ワインの巨匠ミシェル・オジェに教えを受けながらビオディナミ栽培を実践。分担している訳ではありませんが、畑仕事はどちらかといえば体格がよくエネルギッシュなリュックが、醸造は優しく母性あふれる奥さんのトレーズが仕切って行っています。ビン詰のタイミングやワインをアッサンブラージュする際もトレーズの感覚をとても信頼しているとリュック。二人は体にスッと寄り添ってくれる素直に美味しいと思えるピュアなワインが大好き。その想いがそのまま彼らのワイン造りの大切な哲学になっています。収穫のタイミングをギリギリまで見極めてつくられる彼らの赤ワインの果実味と酸、タンニンのバランスの良さをぜひ感じてみてください。熟成してから出荷されることで液体のまとまりも素晴らしいです。明るくダイナミックなリュック、そして優しく母性溢れるトレーズ。二人三脚でバランスがとれた素敵な夫婦が、自分たちのつくりたいワインを素直に追いかけてつくるワイン。きっと液体を通して彼らのピュアな想いが伝わるはず。

[ 戻る ]