リシャール・ルロワ - Richard Leroy - [ ロワール地方 アンジュ ]

“リシャール・ルロワ

栽培から瓶詰めまで、リシャールのこだわりと愛が詰まった至極の一本

若手生産者からベテラン生産者まで、名だたる造り手がひしめくアンジュ地区にあって、今一番際立った存在がリシャール・ルロワです。元々はパリにある有名なテイスティング学校、グラン・ノーブルを10年間指揮しており、類稀なテイスターとして知られていました。その彼がアンジュ地方のシュナン・ブランという品種、そして今持っている畑のテロワールに惹かれ、ワイン造りを始めたのが91年のことです。最初の畑はノエル・ド・モンブノー。そしてその数年後に、ル・クロ・デ・ローリエを購入します。合わせてわずか2.7haの畑を今日の今日まで端正に愛を込めて育ててきました。病気にかかった葉は、一枚一枚丁寧に手でむしります。彼は一つ一つの物事を慎重に、かつ深く突き詰めて考えます。樽の種類、年、置いてある場所、それぞれの樽の液体がそれぞれに呼吸をしていて、それぞれのペースで発酵を進める・・・リシャールと話していると、それぞれのワインが、その年だけに産まれる唯一無二の子供のように感じられます。2009年には2樽を亜硫酸なしで造り、2011からは全てのワインを収穫から醸造まで一切の亜硫酸を使わない醸造になりました。20年以上ワイン造りを続けて来た彼の、大きな大きな決断です。造り出されたワインは今まで以上に途方もないミネラルと余韻の長さ。ブドウに力があれば、さらにワインに高みを求められる。リシャールの元で至極のワインが生み出されました。人一人の手間と知識、経験と情熱が、ここまで凝縮されたワインは他にありません。

[ 戻る ]