スタン・エ・ジュ - Stan et Ju - [ ラングドック地方 クロ ]

- 二番通り酒店 -

“スタン・エ・ジュ

ラングドックの新しい風。スタンとジュリーの自由でとらわれないワイン造り。

ル・クロ・デ・フォリーとしてロミュアルドと一緒にロワールでワインを造っていたスタンことスタニスラス・ベスラン。経験豊富で自分でも畑を持っているロミュアルドが畑仕事を主に、スタンはその畑仕事を学びつつ、醸造を主に行うスタイルでワインを作っていましたが、独立のために2016年にコンビを解消。2018年に念願である自分の畑をモンペリエから北に50kmほどにある山間に手に入れました。ロワールからラングドックへの生活の拠点の移動は大きな変化ですが、奥さんのジュリーと子供たち二人とともにクロという小さな村に移り住みドメーヌを立ち上げました。カーナビがあっても迷うような山奥の村です。5haの畑を購入して財政的な面でも決して楽ではないスタート。家の地下に小さなカーヴを構え、無事に2018年の初ミレジムのワインを造りました。ドメーヌの名前、スタン・エ・ジュは奥さんのスタンとジュリーの名前をとった名前です。5haの畑のうち1.4haがユニ・ブランやソーヴィニヨン・ブランの白品種。残りの3.6haはカリニャン、サンソー、シラーなど赤品種が植えられています。スタンの目指すワインのスタイルはル・クロ・デ・フォリーの時と同じ哲学、ピュアでナチュラル、どこまでもビュヴァリテ(飲み心地)のあるワイン。親友のフランソワ・サン・ロと切磋琢磨しながらワインを造っていたロワールでのワイン造りの哲学をそのままに南仏に持ってやってきました。スタンはフランソワ同様にとても感性に溢れた造り手だと私たちは感じています。はじめて手にする南仏の品種をじっくり見ながら、そのポテンシャルを引き出し、どう彼の目指すワインのスタイルに向かうかを非常によく考えています。そして初ミレジムにして大きな手応えを掴んでいました。最初の訪問では、ドタバタのドメーヌの立ち上げを知っている分、とりあえずはワインができることを願いつつ初訪問しましたが、想像以上に素晴らしいワインが待っていてくれました。フランソワ・サン・ロを中心とする自由なスタイルのワイン造りの輪はとうとう南仏へ。スタンのワイン造りの哲学は南仏の生産者にも大きな刺激を与えるだろうと、今回の訪問で強く思いました。まずはぜひ、スタンの初ミレジムを味わってみてください。

アイテム名 種別 参考上代

Union Libre 2018
ユニオン・リーブル

品種:ユニ・ブラン65%、ソーヴィニヨン・ブラン35%
プレスディレクト。樹脂タンクで6ヶ月間熟成。2018年はベト病の影響で白はあまり仕込めませんでした。フレッシュで若草のような香りと透き通るような酸、そして味わい。塩っけを感じさせる酸と素晴らしくシャープな液体は良い意味で南仏らしからぬ仕上がり。初ミレジムとは思えない素晴らしい仕上がりの白ワインだと思います。

3,900

Syrah's not dead 2018
シラーズ・ノット・デッド

品種:シラー
全房で6日間マセラシオン。一度だけピジャージュと少しルモンタージュ。樹脂タンクで6ヶ月間熟成。小さな良いブドウを感じさせるエレガンスな香りが漂いつつ、湧き水のように優しいブドウのエキス感あふれる液体。この地方のシラーの新しい魅力が引き出されたスタンの渾身のキュヴェです。アルコール度数11%のヴァンドソワフ。Bravo!スタン!

3,300

Coup d'rouge 2018
クップ・ドゥ・ルージュ

品種:カリニャン
全房で10日間マセラシオン。少しルモンタージュ。樹脂タンクで6ヶ月間熟成。香りはギュッと詰まった果実味を感じさせつつ、ミディアムで液体にしなやかさがあり優しく丸みのある後味。ル・クロ・デ・フォリーの時のボヤウルージュのエチケットのイラストをスタンらしくポップにアレンジ。

3,300

Pié de Sau 2018
ピエ・ド・ソー

品種:サンソー75%、シラー15%、カリニャン10%
全房で8日間マセラシオン。一度だけピジャージュと少しルモンタージュ。樹脂タンクで6ヶ月間熟成。薄い色調の軽やかな液体。かわいらしい梅感がワインのいいアクセントに。軽やかさと梅感の絶妙なバランスは好きな人にはきっとたまらない仕上がりのはず。

3,200

Cuvée Pirate 2018
キュヴェ・ピラット

品種:カリニャン50%、ニエルキオ50%
初ミレジムの2018年はベト病で収量が少なく少しだけ近隣の生産者からブドウを購入して仕込みました。全房で10日間マセラシオン。3回ピジャージュと少しルモンタージュ。樹脂タンクで6ヶ月間熟成。ブドウの果実味とタンニンとほんのり梅感が混ざり合う複雑味いっぱいの液体。ボリューム感を感じさせつつ、酸があるお陰で後味が軽やか。

2,700

[ 戻る ]