ステファン・ベルノドウ - Stephane Bernaudeau - [ ロワール地方 アンジュ ]

- 二番通り酒店 -

“ステファン・ベルノドウ

職人ステファンが造り出す、ピシッと大地のミネラルを表現したワイン

ステファンの造るトップキュヴェ、レ・ヌリッソン、レ・テール・ブランシュは全世界に限られた本数の割当になるほど入手困難なワインです。対照的な味わいを持つこの二つのシュナンは、それぞれの畑のテロワールを見事に反映しています。生産者からの信頼も熱く、地元でも彼のワインを大切に寝せている生産者も多いです。ロワールの巨匠、マルク・アンジェリの元で長年働いていましたが、2015年いっぱいでマルクの元を離れ、自身が持つ3ha強の畑に専念します。栽培はビオディナミ。フランス国内でも彼のワインはほとんど手に入らず、毎年彼が参加していた地元アンジュの生産者が集まるサロン(試飲会)にも、とうとう出せるワインがなくなりました。奥さんと子供2人との静かな生活を大切にしながら、ワインの質、葡萄の質、畑仕事に常に高みを求めています。彼がワインに探しているものは地中深くのミネラルがそのまま、ピシッと液体を通して感じさせてくれること。彼の畑仕事は1年を通してブドウの木とともに地中のミネラルを探す旅のような感じがしあす。ステファンという生産者の心配りが最初から最後まで行き届き、かつ情熱が注がれたワインほど贅沢なものはないと思います。ステファンのワインは、まさにそんなワイン。かつ彼のように知的で、職人肌の人間であれば、その贅沢さはなおさらです。

[ 戻る ]