クリストフ・リンデンローブ - Christophe Lindenlaub -  [ アルザス地方 ドルリスハイム ]

- 二番通り酒店 -

“クリストフ・リンデンローブ

畑も人もすべての事象が大きな円を描くように

リンデンローブ家は、ストラスブールから車で30分ほどのドルリスハイムにて1759年から続く由緒あるドメーヌ。現在の当主、クリストフ・リンデンローブが2009年よりビオロジック栽培に切り替え、2013年にはじめて醸造時の亜硫酸無添加のナチュールなワイン造りを始めました。クンプフ・エ・メイエのジュリアン・アルベルチュとは、クリクリ、ジュリジュリと呼び合うほど仲が良いです。ドメーヌの周辺に計10haほどの畑が点在しています。アルザスはドイツと国境が近く職人気質な生産者が多い印象ですが、クリストフは生まれも育ちもアルザスとは思えないくらい、南仏の陽気な生産者のような明るい人柄。もちろん畑仕事、ワイン造りにおいては、熱い考えを持った真面目でストイックな造り手です。1759年から続く彼のドメーヌは、長い歴史の中で多くの顧客がいて、今まで通りのトラディショナルなワイン造りで充分生活していくこともできるのでしょうが、クリストフはより畑に力を、より美味しいワインを造りたいと、畑をビオに切り替え、醸造においても無濾過で酸化防止剤を使用しないワイン造りを始めました。従来の味わいを求める今までの顧客が離れていくリスクもあり、クリストフの家族も心配はしていますが、クリストフのワインに対する熱くまっすぐな想いを尊重し応援してくれています。それぞれの畑の土壌や品種、周辺環境、日当たりや斜面に応じて、柔軟な考えのもとで畑仕事をし、醸造においても畑の特徴や品種の個性を大切にしています。畑仕事から醸造への流れだけでなく、自分の造りたいワインや、長い歴史を持つ彼のドメーヌのこれからをしっかり考えています。彼の哲学は、すべての事象が大きな一つの円を描くように関連し合っていく自然な流れを大切にすること。そしてナチュールはひとつとして全く同じ味わいがない個性的なものであるという想いを彼のエチケットに描かれた手書きの円に込めています。クリストフのワインはいまフランスではヴァンナチュールソフトと呼ばれることがあります。濁りがあってナチュラルな喉越しですがレモンのような優しい酸がキュッとワインを引き締めてくれていて、ナチュラルワインを敬遠していたり苦手な人にも美味しいと言ってもらえることからカーヴィストやレストラターたちがそう言っているそうです。キュッとする酸とフレッシュさをワインに詰めたい...クリストフ曰くそれは「胸のキュンとなる思春期」の一番いいところを瓶に詰めることで生まれるそうです。そして酸へのこだわりは非常に強く、ここ数年アルザスは暑い年が続き発酵に悩まされ、まずは発酵を円滑に終えるため、醸造・熟成の方法を変える生産者が増えてきていますが、クリストフはそれでもこの酸をだすために今までのワインつくりのスタイルにこだわっています。この酸を想像するだけで口の中に唾液があふれるような彼のワイン。スタイルを貫いていてほしい。これからもずっと日々そばにあってほしい、私たちにとってはそんな大切なワインです。

[ 戻る ]