コランタン・ウイヨン - Correntin Houillon -  [ サヴォワ地方 セリエール・アン・ショターニュ ]

- 二番通り酒店 -

“コランタン・ウイヨン”

サヴォワの土着品種とモラス土壌からもたらせれるミネラルと旨味、自然そのままに

カーヴの裏にそびえる切り立った山Gros Foug(グロ・フグ)の南西向斜面に広がる美しい畑。氷河期に形成されたモラスと呼ばれる砂岩と石灰質がセメントのようになった固い土壌。これが溶解し石英の砂になり濾過性が高く乾燥に強いブドウに適した土壌になります。このモラス土壌はブドウの根が張るのがとても大変ですが、液体に燻したような香りや野生的なニュアンス、スパイシーさなどワインに力強さと複雑味を与えてくれるそうです。コランタン・ウイヨンはこの美しい畑と土壌に惚れ込み、2020年にこの畑を所有していたDomaine de Veronnetから5haとカーヴを買い取りました。急な斜面の一枚畑は10haほどありましたが、自分の手の届く範囲でワインをつくりたいと5haのみにしぼり、購入したカーヴに残っていた大きなタンクも売って、小さいタンクだけを残しました。古い歴史を持つドメーヌのカーヴはその昔すぐそばにあるChâteau de Fortisの付属施設だったもので1940年に建てられ、いまもその歴史の名残を感じられます。畑には赤と白品種合わせて5品種が植えられています。裏の畑で収穫したブドウをすぐカーヴに運び込み醸造できるのも彼にとっては理想的だったようです。切り立った山の麓の急な斜面、土着品種、まさにサヴォワで生まれるワイン。土着品種それぞれがこのモラス土壌で個性を発揮する中で、収穫したブドウが時にロックな味わいになろうともそれぞれの特徴を活かしてあげたいとコランタン。畑にあるものをなるべく自然なままに瓶に詰めたい、こうしたいとかこう持っていこうとかすると返ってワインが迷ってしまうと言います。ウイヨンと聞いてピンと来る人もいるかもしれませんが、コランタン・ウイヨンの祖母はエマニュエル・ウイヨンの母親で、エマニュエルはコランタンの叔父にあたります。幼い頃からピエール・オヴェルノワの畑に行き、ワインの剪定や収穫、醸造、そしてパンつくりなどに出会い、自然へのリスペクトのある仕事への情熱や感性を得てきました。その後、ボーヌやモンペリエでワインつくりを学び、ステファン・ティソやドミニク・デュランで働き、叔母にあたるアデリーヌ(ルノー・ブリュイエールの奥さん)で収穫などに携わります。オーストラリアやスイスのワイナリーでも研鑽を積み、最後にこのサヴォワの地に辿り着いたのは、この土地への魅力はもちろんですが、奥さんがサヴォワ出身であることも影響しています。コランタンはバニュルスのブリュノ・デュシェンのようなパッと晴れやかな陽気さのある人柄。訪問中も笑いがたえません。自然や風土への、ワインが瓶に詰められるまでの多種多様な事象へのリスペクト、それに対しての彼がすべきことへの深い考慮がなされていると感じました。ワインから感じる風味にはグロ・フグの麓から届けられたナチュラルなテロワールを感じることができます。

[ 戻る ]