フランソワ・サン・ロ - Francois Saint-lo - [ ロワール地方 ソーミュール ]

- 二番通り酒店 -

“フランソワ・サン・ロ”

フランスのナチュールワインを引っ張っていく、大きな力と仲間を持つフランソワ

ソーミュールとアンジュの中間くらいにあるベリという小さな集落で2012年からワインをつくり始めたフランソワ。2012年に出会った時はドレッドヘアーにヒッピーのような服装。洞窟のような小さなカーヴでワインをつくっていました。私たちも2012年にスタートして一緒に歩んでいこうと話したのがもう遠い昔のように感じます。彼のつくるピュアな味わいのワインは年々着実にファンを増やし、すぐそばのアンジュ地方に比べてクラシカルな生産者が多く畑を手に入れるのが難しい土地ですが、着実に自分の畑を増やし前進しています。2016年には絵本に出てきそうな大きな洞窟の地下カーヴに引っ越しました。訪れた人たち皆が感嘆するほど美しいカーヴです。フランソワはその上の家を改築し、妹のジャスティンが住みはじめました。妹のジャスティン・サン・ロはイラストレーターで、フランソワのエチケット、そしてワインつくりの深い世界を描きフランスでいま人気の本「Pur Jus」(著:fleur godart)のイラストも描いています。「今では自分よりも有名になってしまった」とフランソワが照れ笑いするほど名の知れたイラストレーターになりました。彼のワイナリーの周辺には他にもミュージシャンやアクセサリー作家、フロマージェリーやブリュワリーなど多くの仲間たちが集まりはじめました。多彩な情熱を持った仲間たちが集まり、彼の住んでいる小さな村の人々と自然と優しくなじみ始めています。フランソワの元を訪問するたびいつもたくさんの仲間が集まってきていつの間にか外で大きなテーブルを囲んで陽気で楽しい宴に。この村を知って欲しい、一緒にテーブルを囲んで欲しい、時間はいくらあっても足りないから泊まっていって欲しいとフランソワ。彼のワインを通して伝えたいもの、彼のワインから伝わってくるもの、彼のこういった部分にその本質を感じたりします。フランソワが大きく感銘を受けた造り手はオリヴィエ・クザン。オリヴィエの息子のバティストとも親友です。ワイン造りはもちろんですが、何よりもオリヴィエの自由で何にもとらわれない力強い生き方の哲学が大きくフランソワに影響を与えています。そしてオリヴィエとはまた少し対照的なリシャール・ルロワにも強い影響を受けているのがフランソワらしいです。リシャールのひたすらワインつくりの高みを目指す突き詰めた強い意志や姿は、遠方の畑を手放し近くの畑に集中し、カーヴの近くに新しいブドウを植樹、馬で耕し始めるなどより没頭する畑仕事、新樽や新フードルを買い足し熟成期間をより長くとるなど多くの部分に影響を与えていると感じています。野性的でいて理性的、生きる喜びや楽しみの中に誰よりも真剣な未来を見据えるフランソワ。中性的で独自の世界観を積み上げるフランソワのワインは唯一無二のワインへと日々進化し続け、ワインを愛するものとして彼のワインから目が離せないのです。

[ 戻る ]