ル・カゾ・デ・マイヨール - Le casot des Mailloles -  [ ルスィオン地方 バニュルス ]

- 二番通り酒店 -

“ル・カゾ・デ・マイヨール

若き青年ジョルディによって進化するル・カゾ・デ・マイヨールの物語

フランスの南、スペインとのすぐ国境付近に位置するバニュルス。目下に望む海の絶景とは裏腹に、働くのには過酷すぎる急斜面でのワイン造り。強い海風にこの土地特有のミストラルという強い地方風がこれでもかと吹きつけ時には立っているのすら困難なほど。こんな所に葡萄畑があるのかと驚かされます。偉大な造り手アラン・カステックスとパートナーのジスレーヌが1994年から続けてきたドメーヌ"ル・カゾ・デ・マイヨール"が、2015年よりジョルディ・ペレスという青年に引き継がれます。痩せた大地は平均収量で10hl/ha。少量生産ながらも圧倒的なテロワールとナチュラルな精神をリスペクトしてつくられるワインで知るひとぞ知るドメーヌです。アランとジスレーヌの長年にわたる真摯な畑仕事とこの土地が持つ偉大なテロワールが合わさり、生産量が少ないながらも幸運にもその液体に触れた人たちを感動させ虜にしてきました。もちろん私たちもそうです。ジョルディは2010年にボルドーのシャトー・ベル・シュバル、2013年には南仏のワイン産地Fitouのドメーヌで働いていました。クラシカルなワイン造りも学びつつ、その中で幸運にもアランとジスレーヌに出会い、ル・カゾ・デ・マイヨールの3ha少しの畑とカーヴ引き継ぐことになりました。3haの畑はバニュルスの海沿いの一つの急斜面の丘の海側と山側に5区画に分かれています。どの区画もシスト土壌で足下もおぼつかず、トラクターも入れない急斜面の畑仕事は全て過酷な手作業。しかしラグビーをしていた屈強な体格のジョルディにはその体力を発揮するには最適な環境とも思えます。初ミレジムの2015年は、アランに畑仕事や醸造をすべて見せてもらいアランの哲学を学びました。2016年と2017年は非常に暑い年だったこともあり難しさもありましたが、2018年から暑さにもうまく適応し、彼の感覚と畑との距離がぐっと近づいた気がします。アランは「ジョルディのワインは自分がつくるよりも繊細で美味しいよ」と笑顔で話してくれます。二人は共通の趣味であるラグビーの試合を一緒に観戦に行ったりするなどとても良い関係です。あまりにもアランの存在が大きく、引き継いだ後には少し不安もありましたが、今は引き継がれるべき人に引き継がれたと感じています。ル・カゾ・デ・マイヨールのワインとは何か。おそらくジョルディはその意味を深く掘り下げ感じているはずです。繊細で時に詩的な文章を使うんだなと感じるジョルディですが、そんな彼の感性がル・カゾ・デ・マイヨールの畑・ワインにさらなる進化を与えているのを感じます。素晴らしい青年に引き継がれた偉大なドメーヌ。ル・カゾ・デ・マイヨールの第二章の始まりです。

[ 戻る ]